テニスラケット試打レポート。ヘッド フレックスポイントラジカルツアー

アドで張ってテニスが変わるヘッド Flexpoint Radical Tour

最初にガットはインテリツアーを試しに張ってみました。フレックスポイントの独特な、球をしっかりと包み込むような打球感とインテリツアーの柔らかさで、正直、以前に使用していたZ01ティモ仕様と比べると、気持ち悪い(柔らか過ぎる)ぐらいの打球感。

そこで、ガットをヘッド推奨ガットとほとんど構造が同じ、ゴーセンのAKプロを選択。硬めのガットなので、ちょうど合うかな?と思い、実際打った感触としては、フレックスポイントの球の包み込み具合とAKプロの硬さがちょうどマッチして、個人的には好きな感触。

ストローク ボールがよく飛びます。ストリングパターンが16×18と粗いので、スピンもよくかかる。打球感はフレックスポイント効果なのか、独特ですがしっかりと包み込んでいる感覚があります。ラケットが重い分、スピンのかかった重いショットを打てますね。

スライスはあまりラケットに乗るという感覚はないので、スライスを打ちやすいとは思えません。

ボレー これもボールがよく飛ぶので、とても楽。ただ面の大きさ・重量を考えると、取り回しは悪く、咄嗟のラケットワークが難しいかも。

総じてラケットパワーがあるラケットという印象。325gの重さを気にせず振っていける人に良いと思います。学生ストローカーさん向け。

ショップの評判と自分が使用した感じでは、おすすめガットはAKプロ・バボラ アトラクション・テクニファイバー プロミックス(ヘッドは太いガットだと目詰まりの可能性?があるので、通常の1.30mmより、1.25mmがおすすめ)ガットレポートも参照して下さい。

365日テニス用品が安い!テニス365は使えば使うほど安くなる!

少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いいたします。人気blogランキングへ