みんなのテニス攻略@みんテニ攻略 です。

【パリ5日時事】テニスの全仏オープン第10日は5日、当地のローランギャロスで行われ、女子ダブルス準々決勝で第7シードの杉山愛(ワコール)カタリナ・スレボトニク(スロベニア)組がマリアエレナ・カメリン(イタリア)ヒセラ・ドゥルコ(アルゼンチン)組に4−6、7−5、6−3で逆転勝ちし、準決勝に進んだ。
 同シングルス準々決勝は3連覇を狙う第1シードのジュスティーヌ・エナン(ベルギー)が今年の全豪オープン覇者のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を破り4強入り。第2シードのマリア・シャラポワ(ロシア)もアンナ・チャクベタゼ(ロシア)にストレート勝ちし、全仏初のベスト4進出。ほかに第7シードのアナ・イワノビッチ、第4シードのエレナ・ヤンコビッチのセルビア勢がそろって勝った。
 男子シングルス準々決勝では第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第9シードのトミー・ロブレド(スペイン)を退け、3年続けて準決勝に進出した。 

テニスの全仏オープン、杉山組が見事4強入り。それでも、ダブルスのテレビ放送は非常に少ないのは残念。本当に少ししか見たことないですが、展開の速さとボレーの上手さにびっくりした覚えがあります。

女子のシングルスでは、エナンが4強入り。やはりストロークに関してはエナンが一歩抜けている印象。女子とは思えない、インパクト音がします。

とりあえず、録画だけして時間ある時に全仏オープンテニスみたいです。