みんなのテニス攻略@みんテニ攻略

みんなのテニス攻略法を動画や文章で紹介。みんテニ攻略ブログ

テニスニュース

女子テニスランキング1位エナン突然の引退。

本当に久しぶりの更新です。約1年(汗)エナン引退のニュースにびっくり。

 

女子テニス世界ランク1位のJ・エナン(ベルギー)が14日、ベルギー・リムレットのテニスクラブで記者会見を行い、引退を正式に表明した。会見にはジュニア時代から師事してきたコーチのカルロス・ロドリゲス氏も同席。世界1位在位中の引退は女子では初めてのこと。

25歳のエナンは、「今まで出来る限りの全てのことを経験してきた。テニスに全てを捧げてきた。今はほっとしているし、やり遂げたことに誇りを持っている。」と話した。1999年1月のプロ転向以来、およそ9年半の間に四大大会7勝を含む通算41勝を獲得し、3度の年間ランキング1位に輝いた。

シングルスでは通算600試合で493勝107敗、獲得賞金が約20億のエナンは、「素晴らしい冒険の終わりだけれども、長い間ずっと考えてきた。最終的な決断で、私を知る人なら真剣だと分かってくれる。」と付け加え、復帰の意思も無いことを語った。テニス365よりhttp://news.tennis365.net/news/today/200805/6983.html

突然の引退ですが、やはり身長167センチ、体重57キロというテニス選手として小柄な体型を酷使したこととモチベーションが、原因ではないかな?

プロ選手なら誰しもがそうですが、常に上を目指したい。エナンは常にその上にいた。それを維持するのが難しいとなると、引退を考えてもおかしくはない。離婚してしまったことも影響があったでしょうね・・・

女子の選手ながら、あの片手バックハンドの威力・強打は賞賛に値すると思います。フォアハンドは男子アマチュア選手の見本にも良かった(良いという表現じゃ、有り余ってしまうけど)。

エナン選手本当にお疲れさまでした。

全豪テニス女子。S・ウィリアムスが優勝、シャラポワ完敗。

みんなのテニス攻略@みんテニ攻略です。本日、全豪オープン男子の決勝戦。フェデラーVSゴンザレス。WOWOWで観戦予定。

さて、女子の決勝ですがS・ウィリアムズがシャラポワに完勝とのこと。内容は一切知りませんが、結果を見ると一方的な試合だったようで。

以前から気になっているのが、シャラポワの得点パターンの少なさ。確かに、長身を生かしたサーブ、ストローjクが強いとは思うのですが、そこから、もう一つ得点パターンが必要では?と思います。

シャラポワだから男子のロディックを例にあげるわけではないですが、ロディックは随分とネットプレーが増えて、プレーの幅が広がり、一時期落ち目では?と囁かれていたところから、見事に復活。まあ、それでもフェデラーに勝てないところが、フェデラーの怪物ぶりの象徴。

さて、シャラポワですが今後どのようなテニスのプレースタイルでいくのかは気になります。現状でもグランドスラム大会で優勝する実力はあるが、混戦模様の女子テニス界から抜け出すには、やはりプレースタイルが広がることがカギ。

一方S・ウィリアムズですが、あまり好きではない選手(苦笑)あの力がね・・・でも、以前のようにウィリアムズ姉妹の独壇場になるほど、選手層は薄くない、むしろ厚い女子テニス界は、誰が抜け出すか注目。

男子は、久しぶりに見るゴンザレスのプレーが楽しみ。

 

全豪オープン。フェデラー圧勝。ロディックを下す。

気づいたら、全豪オープンも終盤・・・

今回もHDDに撮りだめしているものの、試合はさっぱり見れず(汗)

女子は、決勝がシャラポワ VS S・ウィリアムズ。

男子は、準決勝にロディックに快勝したフェデラーが予想通りの決勝進出。今回ロディックが調子良かっただけに、それをストレートで破る強さときたら恐るべし。

対戦相手は、ハース VS ゴンザレズの勝者。

個人的には、ゴンザレスのガン打ちフォアハンドが見たい!以前に比べるとプレースタイルに変化あるのかな?

初めてゴンザレス見た時は衝撃でした。フォアの強さにびっくりしたし、プロであんな思いっ切りバックアウトしている選手を見るの初だったので。そして、自分と同じ歳ということを知り、いつも陰ながら応援だけしてきました。

ぜひ、ゴンザレスの強打をみんなに見てもらいたい。

それにしても、日本のテニスに関する報道は何とも・・・スポーツニュースでは女子のニュースばかり(当然シャラポワ)、男子なんて結果すら報道されない・・・

テニス人気に限度があるのかもしれないが、地上波での放送も減ったし、日本人の活躍も少ないとなると、注目度は少ないんでしょうね。

全日本選手権連覇。岩淵選手おめでとう

ようやく全日本の決勝戦を全部見たみんなのテニスを楽しもうです。

全日本の決勝戦。とても熱戦でした。岩淵選手は連覇おめでとうございます。

松井選手は、やはり経験の差が出てしまったのかなぁ。勝負事にたらればはなしですが、あのダウンザラインが決まっていれば・・・

あの、ジャストアウトの一本は、きっと岩淵選手の精神力の強さで、アウトになったものだと感じました。

岩淵選手のプレースタイルの強さも光ました。アドサイドからワイドへの、サーブ&ボレー。俺はこれで勝負という気持ちの強さを感じました。

松井選手はリターンゲームでのセカンドサーブに対する積極的なリターン。

うん、やはりプロの選手の試合は見ごたえあるし、勉強になる。

そして、試合やりたくなる(笑)もっとテニス上手くなりたい!・テニス上達ならこのページ!

よくブログで日本人選手の試合はつまらないと評する人がいます。今回は男子のマスターズカップとかぶっていましたね。

世界のトップと日本のトップを比較すれば、差は当然ある。

だけど、批判している人、あなたはテニスやっていますか?テニスの難しさ面白さをちゃんと知っていれば、そうそう批判的な意見は言えませんよね。

もちろん、日本のテニス界に葉っぱをかけての応援的な意見だと思っています。

来年は、ぜひ若手選手に期待。もちろん、岩淵選手の3連覇もみたい。

●人気blogランキングへ

フェデラーがナダルに勝利。韓国ソウルでのエキシビジョンマッチ

今日のテニスの練習で見事、寝坊した(笑)みんなのテニスを楽しもうです。

21日火曜日、韓国・ソウル市内のオリンピック体育館で行なわれたエキシビションマッチ『スーパー・マッチ』で、世界ランキング1位のR・フェデラー(スイス)と同2位のR・ナダル(スペイン)が対戦し、6-3, 3-6, 6-3のフルセットの末フェデラーが勝利をおさめた。(テニス365

フェデラーとナダルの試合なんて、一生日本では見られないマッチアップでは?ぜひ、日本でもやって下さい!日本中のテニスファン集まりますよ!!

試合に先駆けて、ジュニアプレーヤーに向けたクリニックなども行われ、フェデラー、ナダルがそれぞれ熱心にプレーの指導をし、韓国のテニスプレーヤーと触れ合ったそうです。う、うらやまし過ぎる。

世界から見ると日本のテニス市場は小さく見えているんだろうな・・・ナイキなんて、明らかに日本の市場相手にしてません。選手目線で見るとどうなんでしょうか?少なくともフェデラーは良い印象を持ってくれているはず。

ただ、やはり大きな大会、セイコースーパーテニスなんかは、選手が日本を楽しみにして来日していたと、おじさん連中から聞いたことあるなぁ。

来年のAIGは誰が来日するんだろうか?少なくとも、まずは日本人で世界のトップで戦える選手が出てこないとなぁ。

最近はジュニアの世代から、ガンガン世界に出て試合をしている様子。きっといつかは、これが功を奏すと信じています。ナイキと契約するような日本人テニスプレーヤーの出現期待しています。

協力お願いいたします。●人気blogランキングへ

●みんなのテニスを楽しもうTOPへ

男子テニスのマスターズ・カップ。フェデラーが優勝

男子テニスの今季最終戦のマスターズ・カップ、ロジャー・フェデラーが優勝。いつも訪問、人気blogランキングへのクリックありがとうございます。 みんなのテニスを楽しもうです。


ランキング上位選手が集まるマスターズ・カップ。予想通りというか実力通りロジャー・フェデラーが優勝。

去年のナルバンディアンのようなことがあるのかも?と思っていましたが、いつものロジャー・フェデラーだったということ。

フェデラーの恐ろしいところは、まだまだ成長している。もう今のテニスで完璧なのでは?と多々思います。これ以上成長したら、誰もついてこれませんよね。

でも、見ていてつまらないと感じたことはありません。

例えば、AIGオープンでの鈴木貴男選手との試合。冷静に実力差を考えると、 フェデラーが圧勝しておかしくない。

けど、実際は鈴木選手が1セットをとるという健闘を見せた。去年の全豪での試合も接戦になりましたよね。これは、フェデラーが鈴木選手のプレースタイルに真っ向から挑んだ結果だから、だと思っています。もちろん鈴木選手の頑張りもありました。

本来テニスは自分のプレースタイルを全面に押し出して戦うもの。けど、フェデラーはあえて相手の得意なフィールドに立ち、それでも勝利を奪う。末恐ろしいお方です。

 フェデラーのテニスは、美しい・完璧だと評されることが多いですが、フェデラーはプレーだけでなく、人間性も素晴らしい。

そう感じたのは、AIGオープンでの決勝後のおじぎをしたシーン。写真を見ただけですが、とても印象的でした。

フェデラーの最後の課題は、全仏オープンで優勝しグランドスラムを獲得すること。土の王者ナガルのクレーでの強さはすごい。今年見た限りでは、来年もナダルが勝つのでは?と思いましたが、フェデラーは年々、全仏オープンに対しての準備を強化している。

来年もフェデラーが頂点にいると思いますが、楽しみは十分あると思います。

追記。フェデラーの彼女は可愛い系で愛嬌があって良い。これで、超美人だったら・・・僕の中でフェデラーはとても良い人です。

テニス上達ならここ! たった30分でテニス上達する5つの教え

●みんなのテニスを楽しもうTOPへ

コメント・トラックバック大歓迎です。お気軽にどうぞ。

相武紗季が全日本テニス選手権始球式

女優、相武紗季(21)が12日、東京・有明コロシアムで開幕した「ニッケ全日本テニス選手権」(19日まで)で始球式を行った。
テニスの公式戦で始球式が行われるのは初めてで、12月26日放送のTBS系「Happy!(2)」(後9・0)にテニスプレーヤー役で主演することから実現した。 
(サンケイスポーツから引用)

野球の始球式は有名だけど、テニスの始球式は初耳。

サーブでの始球式なので、入らないとかなりプレッシャーかかります。普段テニスやっていないのなら、なおさら。やっていても入らない時あるぐらいですから(汗)

でも、こういったとこからでも、テニス人気が高まるのかもしれませんね。

●人気blogランキングへ

●みんなのテニスを楽しもうTOPへ

テニスATPランキング

プロテニス協会(ATP)が発表した男子テニスのチャンピオンズレース。

1.ロジャー・フェデラー(スイス)....... 1524ポイント
2.ラフェエル・ナダル(スペイン)........854
3.ニコライ・ダビデンコ(ロシア)........545
4.イワン・リュビチッチ(クロアチア)......479
5.アンディ・ロディック(米国).........463
6.トミー・ロブレド(スペイン).........455
7.ダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)...439
8.ジェームス・ブレーク(米国).........426
9.マリオ・アンチッチ(クロアチア).......412
10.フェルナンド・ゴンザレス(チリ).......403

フェデラーが断トツのポイントですね。恐ろしい。

グランドスラムの大会以外は、あまり海外のテニス情報を見ていないのですが、個人的に嬉しいのはジェームス・ブレイクとフェルナンド・ゴンザレス。

ブレイクは大会での活躍を応援しています。

ゴンザレスは初めて見た時、衝撃でした、あのフォアハンド。プロの選手で、あんなにバンバン、フォアハンドストロークでアウトする人初めて見ました(笑)

でも、威力がすごい。ベースラインの後ろからでも、ウィニングショットが打てる。そして、同い年なので親近感があります。これからも、あのフォアハンドを打ち続けてほしい。

みんなのテニス攻略@みんテニ攻略でした。

AIGオープンフェデラー来日を思う。

こんにちわ みんなのテニス攻略@みんテニ攻略です。

今年のAIGオープン は、7日間の入場者数が大会史上最多の7万2386人。これまでの最多は04年大会の5万5871人。同大会ではマリア・シャラポワ(ロシア)が女子シングルスで2連覇した。

あれだけシャラポワ・シャラポワと騒がれた大会での入場者数の最多を、フェデラー来日であっさりと更新。

それにしても、日本のマスコミのミーハーぶりには驚かされる。

フェデラーのニュースは、優勝した時ぐらいしか見なかった。
しかも、紹介が年収30億?のような、お金での紹介・・・

でも、これはフェデラーを知らない人たちにとっては、わかりやすいとは思う。
サッカー知らない人でも、移籍金の金額ですごい選手ってわかるのだから。

マスコミが騒いだシャラポワの時よりも、フェデラーが来日して過去最多入場者数を更新。これは、いかに本当のテニスファンが騒いで、試合を観にいったかに尽きる。実際、自分もフェデラーを生で観に行きたかった一人。

シャラポワもテニスに興味がない人に、足を運ばせたのは間違いないのだから、それはすごいことだと思う。

ここ数年の AIGオープン は、特に男子のトッププレイヤーの不参加が目についた。

サフィン・ロディックと目玉の選手が来日せず、みんなどれだけガッカリしたことだろう。

少し裏の話しをすると、去年も男子のビックネームが少なく、それを見かねたロディックが前の年の辞退の恩返し?に、参加してもいいと打診をしたらしい。これは、非公式な話しなので、真意は不明。でも、AIGが前年の辞退を根にもっていたのか、断ったという話を聞いた・・・う〜ん、来てくれるというのなら、来てもらえば良かったのにと思ってしまうが、色々な事情があるんだろうか。

今回のフェデラー来日で一番印象的だったのは、たしか優勝した試合後だったと思うが、ファンに向かってお辞儀をしていたシーン。とても心に残った出来事だった。

フェデラーはテニスのプレーだけではなく、人間としても偉大な選手だ。

来年も来日してくれることを願っています。

おすすめテニスショップ

人気blogランキングへ

ロジャー・フェデラー

ブログネタ
最新プロテニス情報 に参加中!

こんにちわ。みんなのテニス攻略@みんテニ攻略です。

つい先日のことですが、男子世界ナンバー1の ロジャー・フェデラー が、生まれた地、バーゼルでの大会を初めて制し、2004年2月2日に世界ランキングで初めて1位になってから頂点をキープすること1000日目となったという記事がありました。

通算では歴代11位の44勝目となった。47勝を挙げ、グランドスラムを2度達成したロッド・レーバー(オーストラリア)、49勝のボリス・ベッカー(ドイツ)の名選手の勝利数に迫った。

10月30日の発表で世界1位も143週連続となった。157週のイワン・レンドル、160週のジミー・コナーズ(ともに米国)のトップ2人を来年早々に追い越すことは確実。

今や、誰もが認める世界ナンバー1。

フェデラー が頭角を現し初めた頃、ミニピート・サンプラスのような、あたかもピート・サンプラスのスケールを小さくしたかの形容をされていたのをどこかで見かけ、今でも嫌な表現だと覚えています。確か、批判の意見が多く、あとで訂正されていました。

いつの時代も、どんなスポーツでも過去の偉大な選手と比較をしたがる。

でも、同じ選手は現れないですよね?

特にスポーツの世界は、年々進化している。

今のテニス界も、サンプラスの時代とは、違うプレースタイルが主流、
同じ土俵じゃない限り比較は難しい。

フェデラー フェデラー であって、すでに偉大なチャンピオン達と肩を並べていますよね。

これからも、 ロジャー・フェデラー には色々な記録を更新してもらいたい。
特に、全仏を制してのグランドスラムの達成。

そして、ナンバー2のナダルにも頑張ってもらい、よりテニス界を盛り上げて欲しい。

個人的には、ジェームス・ブレイクに期待しています。


人気blogランキングへ

みんなのテニス攻略@みんテニ攻略TOPへ

運営ポリシー
テニスの楽しみを色々な人に知ってもらいたいと思っています。
このブログからテニス仲間が増えると嬉しいです。
お気に入り
お気に入りになりましたら、下のボタンをどうぞ。

お気に入りに追加







Profile
  • ライブドアブログ